腹式呼吸トレーニング。魅力的な声を手に入れよう。

スポンサーリンク

今回は腹式呼吸を身につけるための実践方法をご紹介します。

その前に腹式呼吸をやる上で知っておかなければならない『丹田』についてお話します。

丹田について知ろう

丹田(たんでん)とは身体の中心点であり、軸となる場所です。

この丹田はアスリート、ダンサー、武術家など
普段から身体を使う人達が
軸を決めるために意識している場所です。

丹田は内臓や筋肉のように
手で触ったり目で見たりすることができないと言われておりますが、
ここを意識することで全身の力みが抜け、
身体を思いのままに動かし、
最高のパフォーマンスができるようになります。

 

丹田は声優志望の人にも知っておいて欲しいことで、
演劇をする上で非常に重要な部分になります。

腹式呼吸を行う際にはこの『丹田』を意識して行います。

丹田の具体的な場所ですが、
握りこぶしを作っておへその下に置いてください。

その位置が「丹田」です。

おへその下、いわゆる下腹部分になります。

腹式呼吸を行う際は、
この丹田を意識しながら行っていきます。

 

息を吐く際は、丹田から息が押し出されていくイメージ。

息を吸うときは、丹田が膨らむイメージで行います。

(※この呼吸を逆にやってしまう人がいたりしますので注意)

腹式呼吸のやり方

それでは、丹田のことを知ったところで、
いよいよ腹式呼吸のトレーニングを行っていきましょう。

腹式呼吸を体感しよう

腹式呼吸を行うにあたり

「身体がリラックスしている状態 = 身体に無駄な力が入っていない状態」

ということはとても大事です。

脱力することで楽に呼吸することができるようになります。

では、その状態になるようにやってみましょう。

 

この腹式呼吸を一番簡単に体感できる方法が

「寝た状態になっている時」

です。

この状態は腹式呼吸を体感することができます。

 

それでは、以下の方法でやってみましょう。

寝た状態での腹式呼吸のやり方

☆1.床に仰向けになって寝転がります。

☆2.手を胸と丹田に置きます。

☆3.丹田を意識しながら息を全て吐き切ります。
※息を吐く時は「歯の隙間から息を吐き出す」ように行います。
その時にスーッという呼吸音を聞こえるようにするとやりやすくなります。

☆4.息を吐き切ったら、そのまま自然に息を吸います。
※息を吐ききると意識しなくても、勝手に丹田が膨らみます。
ここで「息を吸おう!」と思わず自然にやりましょう。
ちゃんと息を吐き切ってしまえば、自然と息を吸うことができます。

☆5.丹田が動いていて、胸が動いていない事を確認しながらゆっくりと繰り返し行います。

慣れてきましたら目を閉じて、リラックスしながら行いましょう。

寝ながら腹式呼吸をするポイントは、

◆丹田を意識する事
◆余計な力を入れない事
◆リラックスしながら行う事

です。

とにかく脱力しながら自然体で呼吸をしましょう。

 

人によっては頭の形などから、反ってしまったり、
詰まってしまったりする事があります。

その場合、頭の下にタオルや枕をひいて、
余計な力が入らないように調整してください。

 

この腹式呼吸のやり方を毎日10分程、続けてみてください。

意外なほど単純な練習かと思いますが、
寝転んでいる状態で力を抜くことができなければ、
立った状態で綺麗に発声はできません。

 

腹式呼吸は基礎の基礎だからこそ、
この練習を毎日丁寧に反復するようにしてください。

 

この練習を習慣にしてしまうといいですね。

例えば、寝る前にこの練習をするようにすれば継続もしやすいですし、
なによりもリラックス効果で深い眠りにつくことができます。

是非この方法を毎日の習慣に取り入れ、腹式呼吸をマスターしましょう。

無料オンライン講座やってます!

声優になるにはどういったことが必要なのか?

オンライン講座(メルマガ)でさらに具体的に説明しています。

業界の現場で仕事をしていた経験を踏まえて、
未経験、スキルゼロ、実績ゼロの状態から
プロとして活躍できるレベルまで、

声優養成所や専門学校に行かなくとも、
身につけることができる質の高い情報をお伝えします。

登録は無料ですので、ぜひ登録してみてください。

声優に必要な基礎的ノウハウなどを詰め込んだ
目から鱗が落ちる情報を
オンライン講座の中で受け取ることができます。

⇒ 無料オンライン講座に登録する

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうき

東京・駒込と渋谷にあるスタジオで役者&声優を目指す人向けのワークショップ講座を開いております。 他事業としてインターネットを使った集客、Webマーケティング・ブログ制作、収益化方法のコンサルも手掛けています。 また、イベントも多数開催しており交流会、スポーツ、アニメイベントの3団体を主催運営。 およそ2年で3000人もの方とお会いし、人脈を広げながら価値観を共有しています。 アニメは世界に発信する日本の文化としてコスプレイベントを開催。 今後、事業展開も視野に入れております。 過去にはイベントがテレビ番組「日本テレビ NEWS ZERO」にて報道されました。