声優はタバコを吸っても良いのか?

声優を目指す上でタバコを吸ってもいいのか?

声優を目指している人であれば
「タバコを吸うのはやめたほうがいいよ」
という風に言われたこともあるかもしれません。

 

ただ、実際のところタバコを吸ってないからと言って声優になれるというわけでもないですし、
タバコを吸っていても声優の仕事をやっている方もいらっしゃいます。

声優をやっていてタバコやめた方がいいよという風に強制的に言われることもないので
結局のところ、タバコを吸っても吸わなくても支障なく声優のお仕事が出来ているならば問題はないということになってしまいます。

 

実際のところ業界に出てみるとタバコを吸っている人はたくさんいますし、
劇団や舞台に立っていたりした時は結構な確率でタバコを吸っている人がいてびっくりしたこともありました。

こればかりは本人の趣味嗜好によるものなので、吸う吸わないは本人の自由なのです。

 

余談ですが、昔私は営業の仕事をしていたことがちょっとだけあったんですが、
その時に喫煙所でタバコを吸っている人達同士で話していて、
コミュニケーションが取れたりしているのを羨ましいというふうに見ていたこともあり、
タバコを吸っているとそのくらいのメリットはあるかもしれません。

 

上記ではタバコの良いことを書きましたが、それ以上にタバコを吸うことで声帯に与える影響はかなりあるので
これから声優を目指す人に向けてはタバコはおすすめはしません。

ここからは声優を目指す人に向けてタバコを吸うことでこんなことが起こるかもしれない
ということを書いていきたいと思いますのでぜひ読んでみてください。

声優にとってタバコはデメリットの方が大きい?

タバコを吸う吸わないはどちらでもいい、業界では結構な人が吸っているという風に書きはしましたができることであれば吸わない方がいいですね。

当然ながら体に悪影響を及ぼすので声優の仕事を続けるのが困難になるかもしれないということもあるかもしれません。

 

タバコが引き起こすこととして考えられるのは、タバコの熱い空気が喉を通っていくと、声帯を通過して肺に入っていくため、これらの器官が乾燥してしまうことです。

喉、声帯、肺は声優として声を出す上で非常に大事な器官であり、それを自分自身で傷つけているのと一緒です。

声を発するということは声帯を震わせるということになりますから、潤滑油となるべき水分が奪われてしまうと、声を出しにくくなるだけでなく、ポリープなども誘発しやすくなってしまいます。

もしこのような状況になってしまえば、声優としての活動が出来なくなってしまいますよね。

 

さらに肺活量も落ちると言われています。
肺活量がなければ、声優として息の長いお芝居もできなくなりますし、
声優のトレーニングをしていたとしてもあなたの能力を伸ばしきれなくなってしまうかもしれません。

 

喉や声帯が痛めつけられてしまえば、
なんだか喉がガラガラして、上手く声が出ないなぁ
という事が起きてきます。

声が枯れやすくなってしまえば、
マイクに変なノイズが入ってしまったりすることもあります。

こういったことを考えると声優を目指す上ではデメリットの方が多いため極力タバコを吸うことはやめた方が無難です。

顔を出すようになった声優にタバコのイメージがつく!?

昔は声優と言えば、声のみで役を演じていくことが多く、
実際にどんな人がやっているのか?など声優が表に出ることもなかったりしました。

ですが最近の声優は顔出しする機会も増え、活躍の場は多岐に渡るようになってきました。

 

そのためタバコを吸う行為自体が自分自身に対してのイメージになってしまいますので、
場合によってはイメージダウンにつながることもありえます。

これは特に女性声優の方が顕著ですかね。
アイドル声優となった時にどう思われるかと考えるとタバコは吸えないですよね。

タバコを吸っている役をやる時はメリットがある!?

声優は色んなキャラクターを演じなければなりません。
その一つとしてタバコを吸っているキャラクターをやることになった場合、
当然ながらタバコを吸っている演出が出てくるわけです。

その際、普段からタバコを吸っている人と吸っていない人との差が役に出てしまいます。

やはり普段からタバコを吸っている人の方が、動作や行動がリアルに近づくのでかっこいいタバコの吸い方になると思います。

 

また、あえて綺麗な声ではなく、かすれていたり、ハスキーな声、しゃがれている声の方が人間味が出て役柄にマッチすることさえあります。

役であるならば、必ずしも綺麗な声を出すのが全てではありません。
時にはこう言ったかすれた声やしゃがれた声が需要あったりするのです。

 

個性が求められている業界ですから普段からタバコを吸っている人の方が、
その役になった場合は良いとされるということだってあるのです。

こういったことはそれぞれの役者自身の問題になってくるので、
タバコを吸うか吸わないかというのは一概にどちらが良いというものでもなく、
その人の自由という風になってしまいます。

まとめ

タバコは少なからず喉を傷つけるものですので、出来る事なら吸わない方が良いです。

これを書いている私もタバコは吸っておりませんので、
声を出す上で支障が出てしまうのであれば極力避けるようにして、
タバコに対する対策をとったり、喉をケアすることもしていくようにしましょう。

朗読演技ワークショップ開催します



渋谷駅から徒歩5分のスタジオで月3回、日曜日に開催しております。

『演技経験無し』『声優志望』『演技に興味がある』

という方でも気軽に楽しめるワークショップを開催しています。

まずは『演技ってどんなもの?』
というきっかけからでOK。

ワークショップから様々な企画を立てています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうき

東京・駒込と渋谷にあるスタジオで役者&声優を目指す人向けのワークショップ講座を開いております。 他事業としてインターネットを使った集客、Webマーケティング・ブログ制作、収益化方法のコンサルも手掛けています。 また、イベントも多数開催しており交流会、スポーツ、アニメイベントの3団体を主催運営。 およそ3年で4000人もの方とお会いし、人脈を広げながら価値観を共有しています。 アニメは世界に発信する日本の文化としてコスプレイベントを開催。 今後、事業展開も視野に入れております。 過去にはイベントがテレビ番組「日本テレビ NEWS ZERO」にて報道されました。