ボイスドラマCD『カラフル模様の空』特設サイト

東京ビッグサイトで開催されましたコミックマーケット95にて
サークル名『どらごんふるーつあぷりこっと』
サークル配置『12/30日曜東地区”ハ”53a』
で出展致しました。

『カラフル模様の空』ボイスドラマCDは
今後もサークル出展にて頒布してまいりますので、
是非ともお手にとってみてください。

☆カラフル模様の空・あらすじ☆

人の霊魂は風船の形をしている。
その風船を見ることができる空色の瞳の力を、
一部の人々は『虹視(にじみ)』と呼んだ。

虹視の力を持って生まれた少年、早坂仁(はやさかじん)は
その空色の瞳のせいで友人からも家族からも疎んじられて育ってきた。

4年前に父、浩二(こうじ)が家を出て以来、
唯一の心の支えであった姉、朱美(あけみ)を2日前に交通事故で亡くした仁。

母の佳恵(よしえ)は仁をなじり、仁はついに家を飛び出す。

途方に暮れた仁が出会ったのは、
同じく虹視の力を持った青年の犬養零次(いぬかいれいじ)。
そして猿掛千尋(さるかけちひろ)であった。

彼らは、あの世へと浮かべなくなった風船を割る、通称『死神』。

彼ら曰く、虹視を持つ人間は18歳でその力を失うという。

2人は今年で18歳になるため、自分たちの後継者を探していた。

虹視の力を持つ仁は、2人に後を継いでもらうよう頼まれるが…

☆カラフル模様の空・登場人物☆

早坂仁(はやさかじん)

性別:男
年齢:12歳(中学一年生)
誕生日:2002年3月18日
身長:151cm

☆来歴☆
父は埼玉県越谷、母は長崎県佐世保の出身。
家族にはほかに姉の朱美を持つ。
生まれたときから空色の瞳のせいで特に母親から気味悪がられ、あまり世話をされなかった。

7歳のとき、母親が不仲から父親と別居(父が出ていく形になった)。
10歳の時、学校でのいじめが原因で、現在住んでいる足立区北千住へ引っ越す。

その間も父親からの連絡はなく、また中学に上がってもいじめはなくならなかった。

そして2015年7月20日、姉の朱美を交通事故で亡くす。

☆その他特徴、性格☆
神経質で引っ込み思案。しかし、余計なことまで口走る癖がある。
顔は父親に似ている。
虹視の力を持つため目が空色をしている。
また、生きている人の頭上に風船が見える。

早坂朱美(はやさかあけみ)

性別:女
年齢:15歳(高校一年生)
誕生日:1999年8月22日
身長:160cm

☆来歴☆
父は埼玉県越谷、母は長崎県佐世保の出身。
家族にはほかに弟の仁を持つ。

生まれたときから両親から愛でられて育つ。
仁が育児を放棄されていた際には、母親の代わりとして家族を支えてきた。

10歳の時に両親が別居し、仁とともに母親と暮らす。
13歳の時、弟が受けたいじめが原因で家族とともに足立区北千住へ引っ越す。

中学でも弟のいじめはなくならず、心を痛めた弟と母の世話をしながら学校に通う。

2015年7月20日、弟をかばってトラックと衝突し、亡くなる。

☆その他特徴、性格☆
勝ち気で明るく前向き、運動神経がよく陸上部に所属していた。
自分や友人の用事より家族、特に弟を優先する。顔は母親似。

早坂佳恵(はやさかよしえ)

性別:女
年齢:41歳
誕生日:1974年2月11日
身長:163cm

☆来歴☆
長崎県佐世保の出身。旧姓は渡辺。実家は床屋を営んでいる。
都内の短期大学入学と同時に東京に越してくる。

大学を卒業しても家業は継がず、中小企業の経理として働いていた。

夫の浩二とはそこで出会う。2年間の交際を経て24歳で結婚。
25歳で長女、朱美を出産。
また3年後には長男、仁を生むが仁の瞳の色のせいで不貞を疑われ、7年後に浩二と別居。

その後はふさぎがちになり、2015年7月20日に朱美を交通事故で亡くす。

☆その他特徴、性格☆
もとは朱美のように明るい性格だったが、仁を出産し周りの目が変わってからは一変。
外に出るのも嫌い、実の息子の仁に暴言を浴びせるような正確になってしまった。

早坂浩二(はやさかこうじ)

性別:男
年齢:45歳
誕生日:1970年11月3日
身長:176cm

☆来歴☆
埼玉県越谷の出身。実家は家具屋。18歳で都内の私立大学に入学。
22歳で卒業し、大手の広告代理店に勤める。

26歳の時に妻、佳恵と出会う。

2年間の交際の後結婚し、29歳で長女、朱美が生まれる。
その3年後に仁が生まれるが、瞳の色が自分と違うため騒ぎになる。

最初は妻の不貞を疑うも、仁の顔が自分に似ていることを知り、騒動は一時収まる。

2008年、母の葬儀で仁の虹視の力が本物であることに気づく。
2009年、仁の能力を恐れ家を離れ、渋谷区で一人暮らしを始める。

前の仕事も辞め、いまは小さな塾で講師として働いている。

☆その他特徴、性格☆
慎重で奥手。子供が好き。朱美や仁のことも大切に思っている。
また、佳恵のことも嫌いになったわけではなく今でも愛している。

しかし、性格のせいでなかなか寄りを戻すチャンスをつかめずにいる。

自分の母の葬儀の日、1度だけ魂の風船を目撃する。

猿掛千尋(さるかけちひろ)

性別:男
年齢:17歳(高校3年生)
誕生日:1998年1月4日
身長:180cm

☆来歴☆
東京都多摩市出身。早くに両親を亡くし、7歳から叔父の家で育てられる。
虹視の能力を有しているせいで周りから疎んじられ、仁と同じような幼少期を過ごす。

14歳の時、たまたま同じバスに乗りあわせた犬養に声を掛けられ、虹視と死神の存在を知る。

当時から死神としての仕事をしていた犬養に誘われ、ともに死神としての活動を行ってきた。

☆その他特徴、性格☆
寡黙で神経質。とても目つきが悪いので悪人と思われがちだが、かなりの人情派。
犬養と会話をするとき以外は必要最低限しか喋らない。

幼少期の生活環境のせいで、人をあまり信用しない。

虹視の力を持ち、魂の風船を割るための銃を所持している。

犬養零次(いぬかいれいじ)

性別:男
年齢:17歳(高校3年生)
誕生日:1997年8月22日
身長:175cm

☆来歴☆
孤児。物心ついた時から先代の死神の下でともに死神としての仕事をしてきた。

先代の死神とは同じ孤児院の出身で、零次が11歳の時、
当時17歳だった先代死神とともに孤児院から逃亡、消息不明となる。

その後しばらくは荒川の河川敷の下で2人で過ごしていた。

14歳の時、同じく虹視の力を持つ千尋と出会う。
1か月かけて身辺調査を行い、偶然を装って話しかけ、ともに死神としての仕事をする仲になる。

☆その他特徴、性格☆
気さくで陽気。子供好き。聞き上手、
しゃべり上手で孤児院でもいつも話題の中心だった。

しかし、国の認可を受けていない孤児院であったため環境は劣悪だった。

そのため見下してくる年上が嫌い。
顔が良く、女にもてる。

☆用語、設定☆

虹視(にじみ)

にじみ。生まれつき空色の目で、風船の形をした人の魂を視ることができる。
自分の風船は見れない。
18歳になると同時に、虹視の力は失われる。

風船(ふうせん)

人の魂そのもの。人によってさまざまな色をしている。
死んだ者の風船は体から離れ、あの世へ飛んでいく。
中には飛んでいけないものもあり、あの世へと飛べなくなった死者の魂は地面に落ちてしまう。
地面に落ちた後はガムのように地面にへばりつき、地獄へ通じる穴をあける。

浮魂(ウタ)

ウタ。魂の風船をあの世へ飛ばすためのもの。
風船の中に詰まっている。
人生における満足度が大きいほど、風船には多く詰まる。
この浮魂が少ない風船はあの世へ飛んでいくことができなくなる。

死神(しにがみ)

浮魂が足りず、あの世へ行けない魂の風船を割る仕事。
死神となった者の魂の風船の色は黒くなる。

また、死神は風船を割る専用の小銃を持っている。
18歳で虹視は力を失うため、それまでに次の死神を見つけ育てなければならない。

後を継がせる際には小銃とともに何か一つ、物を買って与えなければならない。

☆スタッフ・キャスト一覧☆

キャスト

早坂仁:かんの

早坂朱美:ma-ru

早坂佳恵:スナイパーTAKA twitter:@momonyannano

早坂浩二:えのきづくにお

猿掛千尋:机

犬養零次:ナーバス twitter:@soK0x1kKf2E87hw

スタッフ

原作:花草セレ

脚本・演出:あっくん

総監督・編集:松橋ゆうき twitter:@mysticarts2

企画・制作

☆声優のいろはボイスアカデミー
https://voiceactor-iroha.com/

東京渋谷・駒込の稽古場、スタジオで演技ワークショップを開催しています。

ワークショップ参加メンバー出演のFMラジオ放送やボイスドラマ制作をしており、
(株)タレントプラスの松橋ゆうきが運営・プロデュースしております。

以下、ツイッターからも情報を流してまいります。
今後ともボイスドラマサークル『どらごんふるーつあぷりこっと』をどうぞよろしくお願いいたします。