モチベーション維持。コントロールする力を身につける。

スポンサーリンク

あなたが声優を目指す上で意識して欲しいモチベーション維持の方法をお伝えします。

そのモチベーション維持の方法とは、
声優学校や養成所にいるメンバーの中で1番を目指すことです。

1番を目指すことこそが大事!

この「1番を目指す!」というものですが、
何の1番になるのかという明確な定義はありません。

 

例えば、レッスンで習ったことを復習しまくって、
誰よりも練習量が多いという1番を目指すことでも構いません。

または、こんな性格のキャラクターならだれにも負けないというのでもいいです。

 

とにかく1番を目指すものを自分の中で作りましょう。

 

そうしたらおのずと

「誰にも負けたくない!」

という気持ちになってきます。

 

この「誰にも負けたくない!」という気持ちが大事なのです。

プロの声優になるには、モチベーションを維持することが大事

これは何事においても言えますが、
目標がなければ方向性が不明確なので進むことができません。

そのためには

「絶対に負けられない!」

という強い信念を貫けるものを持つことが重要です。

 

それに対して圧倒的な取り組みをしていけば、
他のライバルとなる声優志望の方との差が生まれてきます。

そうなってしまえば、ライバルから一目置かれる存在となることでしょう。

そのポジションを取れるまで努力していってください。

 

とは言っても、このポジションを取るのはなかなか難しいです。

おそらく声優の勉強をはじめたばかりの方はハードルが高いかもしれません。

 

ですが、ひとつずつ着実にトレーニングを重ね、
階段を上がっていけば、
そのポジションにたどり着くことができるようになります。

負けず嫌い精神があなたを強くする

声優の業界も、どれだけの苦労を重ねたら、
お仕事をもらえるまでに至るのでしょうか?

少なくともそこまでに数年はかかってしまいます。

 

その苦難を乗り越えて、
ようやく掴んだひとつの仕事となるのですから、
そのチャンスをなんとしてでも、ものにしたいというのが
本気で声優を目指している人達の考えです。

 

そのモチベーションが無いと、
仕事を勝ち取ることは極めて難しくなります。

プロの声優は負けず嫌いな人がたくさんいる

プロ意識の高い人はどんどん勉強し、
自主的にどんな声が魅力的なのか日々研究をしています。

 

その原動力となるものが「負けず嫌い」です。

負けず嫌いだからといっても、
周りのメンバーを見下すようなマネをしてはいけませんが、
良きライバルとして自分が常に先に行く存在であること。

誰かを追いかけるのではなく、
あなたのことを憧れ、目指して追いかけてくる人達がいる
という構図を目指してください。

 

そういったふうな目標を立て常に上を目指しましょう。

そのプロ根性を情熱や表情で行動に出す人もいれば、
冷静になって人前ではクールに過ごし、
実は人の知らないところでめちゃくちゃ練習しているという人もいます。

 

プロの声優のプライドというものです。

たとえ苦手なことがあったとしても、
それを表に出すことはありません。

 

私が事務所に所属していた時にいた先輩声優さんで、
歌は得意ではない(らしい)という話を聞いたのですが、
それでも歌の仕事がやってきた時には持ち前の行動力とノリで
見事にこなしてしまったということがありました。

 

たとえ自分が苦手なことであったとしても、
それを表に出すことはなく、
本番当日までにはどんなことをしてでも仕上げてしまうのです。

それも、「出来て当然!」
という涼しい顔でやってのけてしまうのです。

 

おそらく見えないところで
懸命な努力をしてきて出来た結果だと思いますが、
絶対にそれを口にすることはせず、
さも当たり前という感じで堂々とやります。

 

だからプロの声優なんでしょうね。

 

結果が求められる世界ですから、そこに

「がんばります!」「努力します!」「やってきました!」

なんて言葉はありません。

 

それらのことは当然のことであって、
しっかり仕上げてくることこそがプロである所以なのです。

プライドというのはこういうことだと思います。

 

そして、また別の仕事が来たら同じように
当然のこととしてやってのけていくのです。

負けず嫌いでライバルであったとしても仲も良かったりする

負けず嫌いで周りはライバルだらけだったとしても、
孤独になってはいけません。

負けず嫌いから来るものとして、
周りをライバル視しすぎるあまり、
まるで一匹狼のようになってしまうのは間違っています。

 

音響監督さんが事務所に来て
ボイスオーバーをやった時のエピソードですが、
そこで事務所のメンバー同士で
音響監督さんにアピールをし合ったことがあります。

 

音響監督さんはキャスティング権を持っているわけですから、
そこで「こいつはいいな。使ってみたいな。」と思った人は現場に呼ばれるわけです。

 

ですから、自分が他よりも「いい仕事ができます」
というアピールができればお呼びがかかるかもしれないのです。

ですからその時はまるでお互い敵同士というような関係でしたね。

 

かといっても実のところ、仲も良いのです。

事務所メンバーでよく飲みにもいきました。

こういった感じで仕事モードと遊びモードを分けていくことも大事なのです。

自分のことばかり考えていてもしょうがない

以前の記事にも書いたのですが、
声優はひとりではできません。

周りの協力があってこそ成り立っているわけですから、
友達や仲間と過ごす時間も貴重なのです。

人間関係までストイックにならないよう注意しましょう。

 

そういったことを踏まえて、プロの声優を目指すなら、
ライバルと衝突し合うことも辞さない覚悟を持ってください。

そのためにも1番を目指すというのが大事なことなのです。

 

ここまで読んでお分かりの通り、
1番になるためには他の人よりも上に立つ
ということになるので、相当な努力が必要でしょう。

 

でも諦めないでください。

自分自身の弱さに負けてしまえばそこで終わってしまいます。

 

頑張っても報われない…

どんなにやってもオーディションにひっかからない。

そんなこともあるかもしれませんが、
成功している人は皆、結果がでるまで地道に練習を積み重ね、
努力を惜しまなかった人たちです。

 

その志を忘れず、なりたい声優を目指して突き進んでいけば、
あなたの思い描いていた声優になれるはずです。

だからその夢を忘れずに、実現に向けて努力していきましょう。

無料オンライン講座やってます!

声優になるにはどういったことが必要なのか?

オンライン講座(メルマガ)でさらに具体的に説明しています。

業界の現場で仕事をしていた経験を踏まえて、
未経験、スキルゼロ、実績ゼロの状態から
プロとして活躍できるレベルまで、

声優養成所や専門学校に行かなくとも、
身につけることができる質の高い情報をお伝えします。

登録は無料ですので、ぜひ登録してみてください。

声優に必要な基礎的ノウハウなどを詰め込んだ
目から鱗が落ちる情報を
オンライン講座の中で受け取ることができます。

⇒ 無料オンライン講座に登録する

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうき

東京・駒込と渋谷にあるスタジオで役者&声優を目指す人向けのワークショップ講座を開いております。 他事業としてインターネットを使った集客、Webマーケティング・ブログ制作、収益化方法のコンサルも手掛けています。 また、イベントも多数開催しており交流会、スポーツ、アニメイベントの3団体を主催運営。 およそ2年で3000人もの方とお会いし、人脈を広げながら価値観を共有しています。 アニメは世界に発信する日本の文化としてコスプレイベントを開催。 今後、事業展開も視野に入れております。 過去にはイベントがテレビ番組「日本テレビ NEWS ZERO」にて報道されました。