発声練習前に行う準備運動

スポンサーリンク

発声練習についてお話します。

発声練習をいきなりはじめてしまう人がいるのですが、
その前に準備運動をする必要があります。

 

まず身体や顔の筋肉をほぐしたりするストレッチから入ります。

身体が固まってしまうと声も固くなってしまったり、
声質や滑舌が悪くなってしまいがちです。

そのためまずは適宜ストレッチをしていくのが大事なのです。

身体を柔軟にすることと発声との関連性は?

発声練習をする際にまずストレッチする。

「身体の柔軟性と発声というのは関係があるの?」
と思われるかもしれませんが関係あります。

 

以前の記事に書きましたが腹式呼吸をするにあたって
「リラックスすることが大事」ということを書きました。

リラックスするためには「柔軟性」が必要になってきます。

私たちの身体はいわば「楽器」です。

楽器は身体を共鳴させて音を出しています。

その楽器が硬くて、緊張しているような状態であれば
思っている声が出ないというのは当然ですよね。

 

また、身体が温まっていない状態でいきなり声を出すというのも
喉に負担がかかるので、喉を傷める原因になります。

そのためにもまずはストレッチをして身体を温めていき、
筋肉がリラックスしやすい状態を作っていきましょう。

発声する前の準備運動

発声練習前の準備運動について説明します。

この流れを覚えてしまえば、
5~10分くらいでできるようになります。

発声をする前の大事な運動ですから
必ず行うようにしてください。

顔のストレッチ『表情筋』を動かす

それでは表情筋のストレッチをしてみましょう。

手軽にストレッチできる部分の中で特に大切なのが

『表情筋』

になります。

「表情筋」のストレッチは
顔の表情を色々と大げさに動かしてみたり、
手で揉んでマッサージしてやってみましょう。

 

口周りはもちろん、
下顎の付け根あたりや、下顎の骨の下から内側を指圧していくと
発声に大切な筋肉がほぐれていきます。

他にも目のまわりをマッサージすることで目がパッチリ開くようにしていくと
声が強く出るようになったり明るくなったりします。

また、歌を歌う際はストレッチをすることで
高音が出せるようになったり、
音程も正確に合わせられるようになります。

 

顔面だけでなく、頭皮とその下の筋肉を揉みほぐすことで、
目のまわりをマッサージするのと同じような効果も得られたりします。

首回りの運動

首回りの運動になります。

首をゆっくり大きく回します。
右に2回、左に2回。これを3セットです。

首は早く回すのではなく、ゆっくりと回し、
首回りをほぐすようにしてください。

次に手で頭を押さえながら
前に10秒、左斜め前に10秒、右斜め前に10秒動かします。

続いて、両手を親指を使ってあごの下を押しながら、頭を後ろに反らします。
こちらも10秒です。

どれも痛気持ちいいくらいの強さでやってみてください。
痛いのに無理やりやらないよう気をつけながらやっていきましょう。

肩の運動

肩の運動をします。

片腕を横に伸ばし、伸ばしたままで頭の上、横、下と回します。

上からと下からでそれぞれ5回ずつやります。

肩甲骨から回す意識を持ってやってみましょう。
終わりましたら反対の腕も回してください。

背中の運動

背中の運動のやり方です。

指を組んだ状態にして、限界まで上に背伸びをして伸びます。

その際に上だけでなく色んな方向に伸ばすようにして下さい

次に指を組んだ状態で、手を伸ばしたまま顔の前に持ってきます。
それと同時に背中を丸めてみてください。

片方の手でもう片方の手首をつかみ、斜め前に伸ばしてください。
いろんな方向に向かって伸ばすのがポイントです。

この時、足は曲げてもOKです。

こちらをやると背中が伸びているのが感じられると思います。

胸と腰の運動

胸と腰の運動をします。

足を肩幅に広げて腰を落とします。

腰に手をあて、胸を前に突き出します

同じ体制のままで今度は、横、後ろ、横、前と動かしていきます。

その際、足が動かないよう注意して下さい。

この運動は身体が柔らかくなるまでなかなかうまく動かないと思いますが、
少しずつでいいのでやっていってください。

腰の運動も同じ要領です。

こちらは胸が動かないように腰を動かすようにしてください。

下半身の運動

下半身のストレッチは以下3つです。

1.アキレス腱を伸ばす。

2.長座体前屈(地面に足を伸ばして座り、手を伸ばします。)

3.開脚

です。

これらも無理しない範囲で
伸びているなと感じるところでキープしてみましょう。

まとめ

発声練習をする前にも準備運動が必要です。

上記にあげた項目は5~10分もあればできてしまいます。

発声をする前にこれを毎日やる事で、
身体が柔らかくなっていきます。

毎日続けていけば、
だんだんと身体が柔らかくなっていくのを感じとれると思います。

発声練習前の良い声を作るための準備段階として
根気よくやっていってください。

無料オンライン講座やってます!

声優になるにはどういったことが必要なのか?

オンライン講座(メルマガ)でさらに具体的に説明しています。

業界の現場で仕事をしていた経験を踏まえて、
未経験、スキルゼロ、実績ゼロの状態から
プロとして活躍できるレベルまで、

声優養成所や専門学校に行かなくとも、
身につけることができる質の高い情報をお伝えします。

登録は無料ですので、ぜひ登録してみてください。

声優に必要な基礎的ノウハウなどを詰め込んだ
目から鱗が落ちる情報を
オンライン講座の中で受け取ることができます。

⇒ 無料オンライン講座に登録する

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうき

東京・駒込と渋谷にあるスタジオで役者&声優を目指す人向けのワークショップ講座を開いております。 他事業としてインターネットを使った集客、Webマーケティング・ブログ制作、収益化方法のコンサルも手掛けています。 また、イベントも多数開催しており交流会、スポーツ、アニメイベントの3団体を主催運営。 およそ2年で3000人もの方とお会いし、人脈を広げながら価値観を共有しています。 アニメは世界に発信する日本の文化としてコスプレイベントを開催。 今後、事業展開も視野に入れております。 過去にはイベントがテレビ番組「日本テレビ NEWS ZERO」にて報道されました。