声優になる上であがり症を克服しないとなれないのか?人前で緊張しないようにする秘訣とは?

スポンサーリンク

人前に出ると恥ずかしい、緊張してしまう。

いわゆる「あがり症」というものですが、
こういった経験は誰もが一度は体験したことはあると思います。

 

では声優になるにはこのあがり症を克服しないとなれないのでしょうか?

今回はどうしてもあがってしまう、
緊張で体が震えて思うようなことができない人のために
あがり症を克服する方法をお伝えしたいと思います。

プロの声優だとしても緊張はするものです

プロフィールで書きましたが、
私が声優を目指したのは人見知りを克服したい、
人とうまく話すことができない、
そんな自分を変えたい、変わりたい

という気持ちから入ったと書かせていただきました。

 

ですから、声優の養成所に入所する際のオーディションでも、
緊張がなかったかと言えば、ありましたし、
所属オーディションを受けた時は、
それはもう緊張していて心臓がバクバクでした。

 

緊張してしまうこととしてあげられるのは
以下の5つの理由があります。

①不安がある
②場慣れしていない
③プレッシャーを感じてしまう
④準備が出来ていない・練習不足
⑤完璧主義であること

①不安がある

はじめから不安を抱えているようでは、
それが行動に出てしまい、
パフォーマンスも低下してしまうことでしょう。

その不安はどこから来るのか?

原因は何なのかを探る必要はあると思います。

②場慣れしていない

これが結構な比重を占めていると思いますが、
そもそも経験不足。場慣れしていないことです。

慣れてしまえば必然と自信がついてきます。

自信がついてくれば、
あがるということもなくなり、
堂々といることができます。

場慣れするには
たくさん人前に出て慣れていくことがいいでしょう。

③プレッシャーを感じてしまう

例えば、声優トレーニングの普段のレッスンでは、
全く緊張しないのですが、これが舞台の本番や、
オーディションとなると途端に緊張してしまうということがあります。

普段と同じことをすればいいのですが、
このプレッシャーは対象や状況が違えば、
ガラリと変わります。

特にオーディションなど、人から評価をいただくときに
緊張感が増してしまうのは当然のことと言っていいでしょう。

④準備が出来ていない・練習不足

次回までに●●をやっておくこと。
と、言われてそれが準備不足、練習が出来ていないのなら、
当日うまく出来ないのは目に見えています。

そうなってしまえば、
ダメ出しでどんなことを言われるのか?
不安だらけになってしまうことでしょう。

「怒られるかもしれない!」
「期待を裏切ってしまった!」

そんなことが頭に浮かんできそうです。

⑤完璧主義であること

演技をする上で、よりいいお芝居ができるよう
向上心を持って取り組むことはとても素晴らしいことです。

自分自身を成長させるためには重要なスキルだといえます。

しかし、完璧にこだわりすぎるあまり
より高みを目指そうとすると
それが逆にマイナスに出てしまうこともあります。

自分の力量以上のことを求めすぎるあまり、
なかなか期日までに終わらない。

他人に完璧を求めるあまり、
人間関係が壊れてしまったり、
完璧にできない自分に苛立ち、
ストレスをため込んでしまうこともあります。

 

これら、5つの項目が
あがり症を発症させる原因になっていることが多いです。

あがり症でも声優になれるがいい緊張感を持つようにする

人前に立つと緊張して、声が上手く出せなくなるのなら、
ボイストレーニングをしてその緊張に打ち勝つ「強い声」を手に入れましょう。

 

日々の練習は嘘をつきません。

どんな状況、環境にも左右されない声は
普段の訓練によって培っていくものだと確信しています。

それだけの訓練をしてきたのであれば、
あがり症とか緊張とか気にならないレベルになります。

もう体が勝手に覚えているはずです。

 

それでも緊張感がなさすぎてもダメなところ。

私が養成所でトレーニングしていた時に言われたのは、
熱のこもった演技をしている自分とは別に、
俯瞰(ふかん)して自分自身を見ている自分を作ることができれば、
演技をよりコントロールできるということです。

 

難しいことを言っているようですが、
結局のところ、一歩離れたところから見守っている
立ち位置を作らないと、制御できなくなってしまうからです。

 

とは言え、分身できるわけではないので、
そういったイメージをもって演じることも重要だということです。

「慣れること」こそが最大の克服法に他ならない

“慣れ”とはすごいもので、
それが基準になってしまうのですから
当たり前にできるようになってしまいます。

 

だから反復することが大事なんです。

 

声優初心者の方は声優学校や養成所で、
何度でも基礎練習をさせられると思います。

それこそ初めの一年間は基礎練習のみで
マイク前にすら立たせてもらえないかもしれないです。

 

ですが、それがマイク前に立つための“基準”なんです。

 

基礎が出来ていないのに
マイク前に立つことは論外だからです。

基礎を身に着け、演技力をつけて初めて
マイク前でのパフォーマンスが許されます。

 

そこではじめて
「プロの声優としてのスタートラインに立った」
ということになります。

 

基礎が出来ていないのなら、
評価のしようがないですからね。

当然、キャスティングされる(収録現場に呼ばれる)
わけないんですよ。

声優として舞台に立つ

収録現場で演じる時とお芝居(舞台)で立つ時では
また緊張感が変わると思います。

「舞台初日は緊張する」
「舞台袖にいる時は緊張してしまう」
「何が起こるかわからない舞台は緊張する」
「目の前にお客さんがいることが緊張する」

など、舞台であるがゆえの独特な雰囲気がありますからね。

 

ですから、収録現場では緊張しないという方でも、
舞台公演となると緊張するということもあります。

収録現場ではNGを出したら録り直しはできますが、
舞台の場合、本番一発勝負ですから、
もし間違えたとしたらうまくリカバリーしていかなくてはなりません。

舞台では誰もがそういった緊張感を持ち合わせていることになります。

 

だから、毎回幕が上がる度に

「もう二度と舞台なんて立ちたくない!!」
「舞台袖で今にも逃げ出したいが必死に戦っている!」

と言っている話を聞いたことがあるくらいです。

 

それはもう、緊張で手や膝が
ガクガク震えることなどしょっちゅうです。

私もどちらかというと、マイク前での仕事が多かったですし、
舞台に関してはそこまで場数は踏んではいないほうです。

 

だから、この気持ちなんとなくわかります。

それでも、

「また舞台に立ちたい!」

そういった発言をしている声優さんが多いのは
なぜなんでしょうか?

舞台は何にも代えがたい「高揚感」がある!

また舞台に立ちたい!

そう思えるのは「高揚感」から来ています。

 

舞台終了後の達成感はものすごいものがあります。

それまでの苦労が実を結び、
ひとつの舞台を終わらせられたこと。

そこまで作り上げられたこと。

 

知り合いの役者さんで
舞台後に号泣している人も見てきました。

そのくらいの達成感・充実度はあるんです!

 

こういった高揚感は舞台に立った人間でないとわかりません。

自分にも経験ありますが、
舞台は本当にハマる人はハマります。

興味持った方はまずやってみてください!

 

また、これも実体験ですが、
幕が開いてしまうと不思議と緊張がとけていきます。

舞台がはじまるとその世界に入り込んでしまっているせいか、
緊張するのははじまる前まで。

 

スポットライトに当たっている自分が心地よい。

演じていると緊張とかすっ飛んでいる。

 

そこが役者なんですよね。

演じることは本当に楽しいんです!

まとめ

今回はあがり症や緊張について書きましたが、
細かいことを言ってしまえば精神的な話になるかと思います。

 

ですが、ここではそのようなことよりも、
声優、役者を目指しているのであるなら

「まずは慣れていきましょう」

ということを言いたいです。

 

失敗を恐れず、自信を持って人前で演じてみてください。

そこは思いっきり恥をかく場です。

 

いいんです。恥をかいて。

 

それこそがいままで演技の幅を広げられずにいた原因なのです。

だからその壁をどんどん破っていきましょう。

 

声優も人前で緊張している人はたくさんいます。

だからあがり症だとしても、
声優になれないなんてことはないんです。

 

自信を持って声優になると決めて進んでいってください。

無料オンライン講座やってます!

声優になるにはどういったことが必要なのか?

オンライン講座(メルマガ)でさらに具体的に説明しています。

業界の現場で仕事をしていた経験を踏まえて、
未経験、スキルゼロ、実績ゼロの状態から
プロとして活躍できるレベルまで、

声優養成所や専門学校に行かなくとも、
身につけることができる質の高い情報をお伝えします。

登録は無料ですので、ぜひ登録してみてください。

声優に必要な基礎的ノウハウなど
を詰め込んだ目から鱗が落ちる情報を
オンライン講座の中で受け取ることができます。

⇒ 無料オンライン講座に登録する

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうき

東京・駒込と渋谷にあるスタジオで役者&声優を目指す人向けのワークショップ講座を開いております。 他事業としてインターネットを使った集客、Webマーケティング・ブログ制作、収益化方法のコンサルも手掛けています。 また、イベントも多数開催しており交流会、スポーツ、アニメイベントの3団体を主催運営。 およそ2年で3000人もの方とお会いし、人脈を広げながら価値観を共有しています。 アニメは世界に発信する日本の文化としてコスプレイベントを開催。 今後、事業展開も視野に入れております。 過去にはイベントがテレビ番組「日本テレビ NEWS ZERO」にて報道されました。